兼業トレーダー 言い訳しても勝てるようにはなりません!

私は普段はサラリーマンをしているのですが、

兼業でFXトレードをしています。

 

FXトレードは時間制限のある株取引と違い、

平日なら一日中市場がオープンしていますので、

サラリーマンの方も夜遅く帰宅しても、

帰宅後から就寝までトレードできるので、

兼業トレーダーの方も多いかと思います。

 

そんな兼業のFXトレーダーの方から、

ある言い訳とも取れる発言を耳にします。

 

トレードする時間が無いから稼げない。

トレンドに乗り遅れた。

飛びついたら値が反対方向に動いた。

 

などなど、勝てない理由をトレードする

時間が無いこととして結論付けています。

 

そもそもトレードする時間=チャートを眺める時間

が多ければ、稼げると勘違いしていると思います。

 

確かに経験値的にチャートを眺める時間が

多ければ多いほど、その後の相場の動きが、

予想しやすくなると思っているのですが、

兼業としてトレードをしていくからには、

それなりの覚悟と対応が必要となります。

 

まず専業トレーダーと兼業トレーダーの

メリット、デメリットを考えてください。

 

兼業トレーダーは、FXトレードで負けても

サラリーマンとしての収入があるので、

専業トレーダーのようにトレードの損益が

自身の生活に関わってくるというよな

プレッシャーが無いトレードが出来ます。

 

一日中、トレードに縛られる生活を考えたことが

あるのでしょうか。

本当に大変な精神力だと敬意すら覚えます。

 

兼業トレーダーのメリットとして、

最悪、負けても収入はあるのですから、

気楽に考えてみてはどうでしょう。

 

例えば、21時に帰宅し、家族と食事をして、

ちょっと休憩をしたり、お風呂に入って、

リラックスして、22時や23時からチャートを

開いてみましょう。

 

まず一日の相場の流れを確認して、

サポレジの跳ね返りや、ブレイクアウトや、

チャートが大きく動いたポイントでの出来事、

今後の動きの予測などをしてみましょう。

 

それらの状況を理解してからが、

私たち兼業トレーダーの腕の見せどころです。

23時から翌1:00まで、たった2時間での勝負。

 

実際に専業トレーダーの方でも、

スキャルピング手法でもない限り、

一日のエントリーチャンスは少なく、

勝てる可能性の高いチャンスを狙って、

エントリーしています。

 

そのエントリーチャンスは、23時から1時までの

値動きの激しくなる2時間であれば、

1回や2回くらいは発生します。

 

そのチャンスで一日、20pips稼げば、

10万通貨取引で、2万円の利益になります。

時給換算で1万円以上になりますね。

 

エントリーチャンスがあると言っても、

100%勝てるわけではありませんので、

欲張らず、また負けすぎないように、

リスクリワード1:1くらいを目安に、

勝率70%くらいの気持ちで余裕をもって

トレードしてみましょう。

 

こんな単純なトレードを積み重ねるだけでも、

1ヶ月で150pipsも稼げると理解できると思います。

 

10万通貨で150pipsだと、1ヶ月15万円以上の

利益となり、年間でも180万円以上にもなります。

 

資産が増えれば、取引枚数も増やせるので、

更に多くの利益が発生するでしょう。

 

とにかく勝てる可能性の高いトレードしかしない!

 

ということだけ考えてください。

 

少しくらい負けてもいいなどと油断せずに、

このチャートパターンは100%勝てると

確信してポジションを取ってください。

 

それでも負ける時は負けるのですから、

余裕を見て70%以上の勝率を目指しましょう。

 

兼業トレーダーは、時間が無いことは当然ですから、

時間が無い状況でいかに勝てる可能性の高い

トレードを身に付けられるかということです。

 

決して、時間が無いから稼げないのではありません。

時間が無いと言い訳をしても勝てません。

 

焦らずじっくりと資産を増やしていきましょう。