儲かる人は儲かるし、損する人は損をする。

皆さんご存知の通り、FXトレードは為替相場の変動によって利益が出たり損失が出たりします。

チャート上でテクニカル指標から相場が上昇するのか下落するのかを予想して売買すると思います。

そのようなFXトレードですが、いろいろな商材がひしめき合っていて、どのトレード手法が優位性があるのか?

またどのような生活スタイル、トレードスタイルの方に向いているのかということも重要な選択肢だと思います。

 

FXトレードで重要なことは、

資金管理

トレード手法

メンタル

など、大きな要素で分けるとこれらに分類されると思います。

 

資金管理については、ポジションを取る場合、ロスカットを想定して全資金の何%までにしましょうとか、

トレード手法については、この平均線をゴールデンクロスしたら買いで入りましょうとか、

メンタルについては、自分のトレードルールを守って精神的に安定したトレードをしましょうとか。

これらの重要な要素はFXトレードの商材では必ずと言っていいほど記載されている内容です。

 

FXトレードで損失が出てしまうトレーダーの方は、いろいろな商材を試されていると思いますが、

紹介されているトレード手法を厳格に実践されていても、損失が続いた時に精神的に耐えることができないような資金管理をされていることが多いと想像します。

実際に私自身もそうでしたから。

 

新しいトレード手法を習得して、それを実践して早く大きな利益をあげたいと考えてしまうことが焦りとなりオーバーロットでトレードしてしまっていることはないでしょうか?

そのような方は、再度、資金管理を再確認してみると良いと思います。

 

各FXトレードの商材は基本的にはトレード手法の違いだけと言っても間違いないと思います。

資金管理やメンタルについては似たりよったりのことが書かれていると思います。

その辺に触れていない商材は論外ですが。

 

FXトレードの商材で紹介されているトレード手法は、販売者がトレード手法を考え、バックテストを行いある期間で利益をあげられるという根拠に基づいて販売されているものがほとんどだと思います。

 

FX商材を購入した時期に、たまたまそのトレード手法と噛み合わない相場環境の場合には、ドローダウンが発生して損失が膨らむことがあります。

全ての相場環境に優位性のあるトレード手法は存在しないでしょう。

例えば、トレンドフォロー型の手法はレンジ相場には向かないでしょうし、

逆にレンジ相場型の手法でトレンドが発生した場合には損失を出すでしょう。

そこでこのFX商材に騙されたと判断されることが多いのではないかと思います。

そのようなトレーダーの方はどのトレード商材を真似してみても絶対に上手くいかないと思います。

 

FX商材には資金管理という、トレードするにあたっての重要なルールが記載されています。

それはFX商材の販売者がFXトレードの危険性を理解してもらうために記載しているものです。

FXトレードはゲームでもなければ、ギャンブルでもありません。

トレードに優位性はあるが必ずドローダウンが発生するので、その時の対処法が記載されているのです。

この部分をしっかりと理解しないとFXトレードで利益を残すことは難しい手段だと思います。

つまり、大きな利益をあげることよりも、大きな損失を出さないということが重要だと考えます。

 

最後に、

FXトレードの商材は全ての人が儲けられるのでしょうか?という質問には

私だったら「いいえ、儲けられる人は儲けられるし、損をする人は損をする」と答えるでしょう。

 

 FX初心者でも出来る!1日5分簡単副業 WCtake FXメルマガ通信