スポンサードリンク

経済指標発表時のトレードは避けるべきか

FXトレードでは、値動きが荒くなる時があります。

それは、各国の証券取引所が開始、終了時や、

経済指標の発表時などによく値が動く傾向にあります。

 

今回は経済指標発表時のトレードについて

少し考えていきたいと思います。

 

まず始めに私の意見を申し上げておきますが、

私は経済指標発表時、特に雇用統計や金利政策と

いった指標発表時には、極力、事前にポジションを

解消するように心掛けています。

 

他にも経済指標発表のタイミングが複数重なる時も

念のためポジションを解消することもあります。

 

この時、保有しているポジションがプラスだろうと

マイナスであろうと関係なくポジションを解消します。

 

私とは逆に経済指標発表を狙ってトレードされる方も

存在しています。

これはこれでトレード手法の一つだと思いますので、

敢えて否定するつもりもありませんし、利益を出せる

トレード手法なら、とても素晴らしいことだと思います。

 

この経済指標発表というのは、各FX会社でも

案内ページがあり、トレードツールなどにも

組み込まれているものもあります。

 

その案内ページでは、経済指標の数字を予想していて

参考レベルで利用することもできますが、

その予想値を信じたことにより、大きな痛手を

負うこともありますので、十分に注意してください。

 

何故、私が経済指標発表前にポジションを

決済するかと言いますと、

テクニカルが通用しないこと

が、一番の要因です。

 

事前の経済指標数値の予想と乖離が大きければ

値動きが一気に荒くなり、50PIPS上げたと思ったら

5分後には、そこから逆に100PIPS下げたりと

通常のテクニカルを重視したトレードが

出来なくなることも多々あります。

 

それでも値動きがあった方が利益が出やすいからと

欲張ってトレードする方もいらっしゃいます。

余計なお世話ですが、そのようなトレードをする時は

通常のロット数を減らすなり、損失額を限定させるなり

防衛策を持って、トレードに臨んでください。

 

為替市場は無くなることはありませんので、

自分のトレード手法が通用する時にだけ

トレードすることで勝率アップにも繋がりますし、

ハイリスク・ハイリターンの危険なトレードより、

ローリスク・ローリターンでも利益を積み上げる

トレードの方が、トレーダーとしての正しい姿では

ないでしょうか。

スポンサードリンク