スポンサードリンク

FXトレードでアナリストの為替予想をあてにするな!

皆さんはFX会社で取引用の口座を開設していると思いますが、

FX会社のホームページ上で、相場を分析するアナリストと

呼ばれる方の市場分析が投稿されていたり、

メルマガなどに登録していれば、毎日、市場予想のメルマガが

送られてくると思います。

 

為替相場の分析には、大きく2つに別れていて、

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析があります。

 

この2つの分析方法は、それぞれ調べていただくとして、

為替のアナリスト達は、ある程度、どちらかに偏った

分析をすることが多く感じます。

 

勿論、どちらの分析方法が正しいということではありません。

 

特に、ファンダメンタルズ分析をするアナリストの

予想というのは、私たち同様に当たりもしますし、

当然、外すこともあります。

 

ただ、長年の経験則や相場環境を熟知しているので、

それらしいことを言うことが出来るだけなのです。

 

逆に言ってしまえば、それらしい事を言うだけで、

当たっても外れても責任問題にはなりませんし、

よく「織り込み済み」という言葉を使います。

 

この「織り込み済み」という言葉は便利な言葉で、

アナリストの予想を都合の良い立場に変えることが可能です。

 

例えば、アナリストの予想通りの値動きをすれば、

どうだ!凄いだろ~!みたいになりますし、

逆に予想に反した値動きをすれば、

必殺技の織り込み済みでしたね~となるわけです。

 

アナリストの為替分析に異を唱えるつもりはありませんし、

私自身もファンダメンタルズ分析を全くしていないわけではなく、

頭の片隅に為替動向などの情報は入れていますので、

状況に応じて利用することはやっています。

 

特に初心者の方に気を付けていただきたいこととして、

為替アナリストの言葉を必要以上に鵜呑みにすることは

決して良いことではありません。

 

また某掲示板などの無責任発言などを信用することなど

言語道断の行為ですので、絶対にやめてください。

 

誰かの意見がこうだから、自分もそれに乗ってみようとか、

売れているトレード手法を購入したから、

トレードで損することは無くなるぜ!みたいなことは、

この為替相場の世界では全く通用しません。

 

FXトレードで稼ぐためは、必ずと言っていいほど、

トレード手法を身に付けなければなりません。

 

トレード手法を身に付けても、必ず負ける時もありますので、

日々チャートと睨めっこをして経験値を増やして、

いかに損失を減らし、利益を増やすかを考えてみてください。

 

私自身のトレード手法は、ほぼテクニカル分析のみですので、

為替アナリストの見解は、ここ数年ほぼ見ていませんが、

FXトレードで稼ぐことが出来ています。

 

逆に私のようなテクニカル分析派がアナリストの見解を

取り入れてトレードすると、頭が混乱してしまいます。

 

もしあなたがFXトレードをする上で、

テクニカル分析をメインとしているのであれば、

ファンダメンタルズ分析はほぼ不要だと思います。

 

一応フォローしておきますが、決して為替アナリストを

批判しているわけではありません。

 

為替アナリストの情報が無くても、稼ぐことは可能で、

為替アナリストより稼いでいるFXトレーダーが世の中に

たくさん存在することを知ってほしいだけです。

 

現在、マイナス金利の影響で乱高下する為替市場ですが、

今後、円高になるのか、円安になるのかを分析していますが、

為替アナリストの方々の予想は、半分は正解して、

半分は不正解という結果が容易に想像できますよね。

 

よく初心者の方から、為替アナリストの意見を参考に

されていますか?という質問をされます。

 

私の場合は、ほぼ参考にはしていません。

とにかく自分の信じたテクニカルトレードを

ただコツコツと日々こなして利益をあげるということが

一番大事なことだとお伝えしています。

 

他の誰かの意見にトレードを左右されることのないように

まずは自分のトレードに自信を持つことが重要ですよね。

スポンサードリンク