スポンサードリンク

FXトレードをやっている人のタイプについて

私の周りには、この為替相場の世界で、

真剣に取り組んでトレードする人

情報商材に頼ってトレードする人

ギャンブル的にトレードする人

など、いろんな知人、友人がおります。

 

タイプを上記3つに大きく分類しましたが、

3つのタイプ別に将来どうなっていくのか

私なりに予想してみたいと思います。

 

・真剣に取り組んでトレードする人

日々、為替相場について熱心に学び、

世界情勢、為替の動向を敏感にキャッチし、

トレード手法やトレードルールをしっかりと守り、

過度なポジションを取るようなトレードせず、

精神的にも安定したトレードをして、

年間通じて安定した結果を残す可能性が高いです。

 

・情報商材に頼ってトレードする人

そこそこ為替相場について学んできて、

更なるトレード手法の習得に興味を持ち、

FXトレードの情報商材でノウハウを学ぶが、

為替相場の本質まで理解できておらず、

トレードでは勝ったり負けたりを繰り返し、

最終的にはプラマイゼロで諦めてしまうか、

マイナス収支が続き、いずれ退場してしまう。

 

・ギャンブル的にトレードする人

為替相場の知識はほとんど必要とせず、

上げるか下げるかの二択の可能性に賭け、

勝つときはコツコツ勝っているが、

負けるときにはドカンと負けて、

それを運が悪かっただけだと反省もせず、

FXトレードで典型的な負けパターンで

早々に退場を余儀なくされる。

 

私の勝手な未来予想でしたが、為替相場の世界は

日々簡単に稼いで、生き残れる世界ではないので、

日々の勉強や情報収集、経験が大きく関わってきます。

 

私の友人の殆どは、真剣にトレードを学び、

経験を積み、利益を上げているようですが、

少数ですがギャンブル的にトレードをする

友人も存在します。

 

一応、私は余計なお世話と知っていながらも、

忠告はするのですが、当の本人は一向に耳を貸さず、

上がるか下がるかを直感的?に予想して、

安易にポジションを取り、決済ポイントを何処に

置くのかも考えずにトレードします。

 

多分、ポジポジ病かもしれません。

 

私が知る限りでは、損益はマイナスだと思いますが、

奇跡的に損益がプラスになっていたら、

本当に余計なお世話だったと反省します。

 

まあトレードの損益は自己責任なわけですから、

本来なら口出しはしない方が良いのですが。

 

しかし私の友人や知人が損をしてしまうと考えると、

本当に悔しいですし、何とかしてあげたいと思うので、

嫌われる覚悟を承知の上で、指摘することもあります。

 

これからFXトレードを始めようと考えている方でしたら、

絶対にギャンブル的なトレードや情報商材だけに頼るような

トレードはやめていただきたいと思います。

 

そのようなトレードをしていたら、遅かれ早かれ、

殆どの方が退場することになるでしょう。

 

個人投資家がいかに利益を上げることが厳しいか

理解していただきたいと思います。

スポンサードリンク