スポンサードリンク

FXトレード ポジションの持ち越しについて考える。

トレードの際に保有中ポジションの翌日持ち越し、

翌週持ち越しについて考えてみたいと思います。

 

ポジションの持ち越しについては、トレードスタイルによって、

持ち越しをする、決済してしまうに分かれると思います。

 

ポジションを持った後、できる限り早くストップロスの

逆指値注文を出すと思いますが、経済指標発表や要人発言の

直前でもなく、値動きが急変動することがなければ、

しばらくポジションを保有することになると思います。

 

例えば、あなたの就寝時間までに持っているポジションを、

決済出来ない場合、就寝前に決済をするのか、

それとも、決済せず翌日に持ち越すのかを

判断しなければなりません。

 

私自身はというと、出来る限りポジションを解消しています。

 

または、状況によりOCO注文を出しておくことがあります。

 

ただし、金曜日の夜だけは決して翌週に持ち越すことはせず、

ポジションが勝っていても、負けていても、必ず決済をして、

トレードを終了させるようにしています。

 

翌週へポジションの持ち越しをしない理由としては、

私が利用しているFX会社では、土日はトレード出来ないので、

土日の間で為替相場の急変があった場合、

翌週の月曜日の朝に大きな窓を空けるような

大きな被害を被る可能性を防ぐことが重要と考えています。

 

これは可能性の問題ですので、大きなポジションで

トレードしていない限り、大丈夫でしょ?と

思われる方も多いかと思います。

 

私の場合、FXトレードは勝つことが大事というより、

大きく負けないことが前提としていますし、

テクニカル分析が通用しない状況でのトレードを

控えることは、とても重要な判断だと考えています。

 

事前に決めた決済ポイントまで距離があるのなら、

ポジションの持越しをしても問題はないでしょう。

 

しかし土日に発生するリスクだけは頭に置いて、

月曜は早朝から待機するなどの対応は必要と思います。

 

無理やりポジションを解消する必要はありませんが、

夜寝る時や土日くらいは為替相場から離れるのも

リフレッシュして良いものですよ。

スポンサードリンク