FXトレードで思い切って損をしてみましょう!

トレードで損をしましょう!だなんて、

何て無責任なヤツだと思われるかも知れません。

 

アインのヤツ負けすぎて頭がおかしく

なったんじゃないのか?などと、

思う方もいらっしゃるかも知れません。

 

実際、過去に2度も強制ロスカットという

屈辱を経験しています。

 

何故このようなことになったのかというと、

・損をしたくないという気持ち

・いつか値が戻ってくれるという期待

・自分のトレードを否定される恐怖心

などといった、負け組トレーダーの

見本とも言うべき行動、心理です。

 

負け組トレーダーの多くは、

コツコツドカンを繰り返します。

 

コツコツドカンとは、

コツコツ勝って、ドカンと負ける

といったトレードのことで、

要するに、利確は早く、損切りは遅く、

損失額が利益額よりも何倍も大きくなり、

トータルでマイナスになるパターンです。

 

そこで、逆転の発想をしてみましょう。

コツコツ負けて、ドカンと勝つ

というトレードを目指してみるのは

いかがでしょうか。

 

トレード成績が、1勝4敗だったとしても、

1勝の利益が4敗の損失を上回れば、

トータルでプラスになるはずです。

 

例えば、一週間で一日1回のみの

トレードを繰り返してみましょう。

 

月曜日 15pips 負け

火曜日 15pips 負け

水曜日 100pips 勝ち

木曜日 15pips 負け

金曜日 15pips 負け

一週間のトータルは、どうなるでしょう?

 

1勝で100pips

4敗で60pips

一週間のトレードトータルでは

40pipsの勝ちとなっています。

 

これを10万通貨でシュミレーションすると、

一週間で4万円の利益を得られることになります。

 

とても簡単なことを言っていますが、

これが出来ない多くのトレーダーが、

退場しているのが現状なのです。

 

トータルプラスのトレードをするためには

何が必要か考えてみましょう。

 

まず始めに考えることですが、

先ほど上述しました通り、

・損をしたくない気持ち

・いつか値が戻ってくれるという期待

・自分のトレードを否定される恐怖心

といった不要な考え方を捨ててください。

 

何故なら、この考え方が邪魔をして、

良いトレードを継続して出来ません。

 

トレードでは100%の勝率は必要ありません。

 

100%勝つ必要が無いことを理解出来たら、

次にチャートを見て、エントリーするポイント、

イグジットするポイントを検討しましょう。

 

大きな時間足(日足や4時間足)に移動平均線を

表示して、為替の流れを把握してください。

 

出来るだけ利益が伸びそうな

エントリーポイントを探します。

 

また、その根拠を明確にしましょう。

 

合わせて、ロスカットのポイントも検討して

根拠を明確にしておきましょう。

 

ここで最も考えなければならないことは、

損失より利益が大きくなるポイントを探すことです。

※最低でも1:1の割合はキープすること。

 

損失額は全資産の2%~5%までとし、

取引ロットの調整をしましょう。

※余裕を持つのなら、10万円で1万通貨程度なら

全資産の1.5%ほどの損失額になると思います。

 

最後に

FXトレードはどれだけ分析をしても、

必ず勝てる保証はどこにもありません。

 

当然ですが、必ず勝てる情報商材も存在しません。

 

負けを受け入れられる気持ちの余裕さえあれば、

一回のトレードで一発退場などという

最悪の結果は免れます。

 

FXトレードは、自分の思い描いた結果に

ならないことは全然珍しいことではありません。

 

逆に悪い結果になることを想定しておき、

大きな損失を出さないことが重要なことです。

 

日々のトレード結果だけを見て、

一喜一憂するようなトレーダーには

ならないようにしてください。

 

あなたが取り決めたトレード方法で、

トレードルールを守るトレードこそが

厳しい為替相場の世界で生き残れる

唯一の手段であるということを

理解してください。