良いトレードと悪いトレード

あなたのトレードで良かったトレードと悪かったトレードを明確に言うことができるでしょうか。

利益が出たトレードが良い、損失となったトレードが悪いという方がいます。

結果としては利益が出たので良いトレードだったということも言えますし、逆に結果として、損失となった場合、悪いトレードだったとも言えます。

トレードの良し悪しは、結果として利益が出たのか、損失となったのかで決めてよいのでしょうか。

私が考える良いトレードとは、自分のトレードが出来たのか出来なかったのかが重要だということです。

自分で決めたトレードルール(今回は特に決済ポイント)を守れたかどうか。

トレードのエントリーは方向性が合っていれば、ある程度の誤差は気にすることはありません。

しかし、利益確定、ロスカットは、エントリー時に決めたポイントで決済を執行することが非常に大事です。

一度決めた決済のポイントを変更することは、クセになると何度も同じことを繰り返し、同じ過ちを犯しますので、自分で決めたトレードルールに沿って、決済ポイントを変えることは絶対にやめましょう。

特にロスカットを判断する時には、もしかしたら又戻って来るだろうと、値が戻って来る根拠を探し始め、根拠の無い理由に期待してしまいます。

そうなってしまうと、もうトレードがトレードでなくなり、お祈りトレードになってしまいます。

そのようなトレードからは一刻も早く抜け出すべきです。

その決断があなたのトレードを飛躍的に向上させる一因となるかもしれません。