根拠を持ってトレードしよう!ポジポジ病に気をつけよう。

皆さんはFXトレードをしていて、

常にポジションを持っている状態でないと

いけないような精神状態になったことはありますか?

私は実際にそのような状態になったことがあります。

 

これは俗にポジポジ病と言われる症状です。

 

兼業トレーダーである私は、専業トレーダーの方より

チャートを見てトレードをする時間が少なく、

トレードしている時間はなるべくポジションを

取らなければ儲けることが出来ないと思い、

無理やりな理由を付けたりして、

ポジションを取ることをしていました。

 

大体、このような感じでポジションを取り

トレードを始めると負けることが多いです。

 

要するに儲けたいと言うことだけで頭が一杯になり、

焦って分析が疎かになり、何とかなるだろう的な

トレードをしてしまい、負けるというパターンです。

 

負けるパターンとしては、

急騰、急落を目撃して、乗り遅れたら損をする!

と、ぶっこんで負けるパターンは多いです。

 

他には、トレードしている時間を確認せず、

経済指標発表時間の直前にポジションを取り、

発表直後の大きな揺さぶりでロスカット

なんてこともちょこちょこありました。

 

初心者の時なんかはもっと最悪で、

おー上がりそうだなーでポジる、

おー下がりそうだなーでポジる、

そんなトレードをしているわけですから、

どこで決済するかなど考えずに、

ポジポジしていました。

 

それでも、ロスカットのルールさえ守っていれば

大きな痛手を被ることも無かったのでしょうけど、

決済のことなど考えておらず、根拠の無いトレードを

しているのですから、強制ロスカットを経験するハメに

なりました。

 

何でポジポジ病になるのか原因を考えますと、

昔、スキャルピングの動画やサイトを見ると、

ものの1、2分でうん万、うん十万、うん百万と

稼げるような幻想を自分に当てはめてしまいます。

 

オレも簡単にスキャルピングで稼いじゃおうと

ポジポジしたのがきっかけだったと思います。

 

本当に無謀なトレードをしていたと思いますが、

スキャルピングトレードは、初心者が真似できる

ようなものではないので、おススメいたしません。

 

スキャルピング=ポジポジ病と言っているわけ

ではありません。

 

またポジポジ病が悪いのかということを考えますと、

100%悪いということではありません。

 

しっかりと根拠のあるトレードを実践できれば、

どれだけポジションを取ろうが問題ありません。

 

そもそも、根拠のあるトレードが出来れば、

ポジポジ病ではありませんから。

 

まとめ

ポジポジ病にならないためには、焦りは禁物です。

とにかく根拠の無いトレードはしないこと。

勝敗に関わらず、トレードを検証してください。

何となくトレードが見えてくると思いますよ。