FXトレードで上手な負け方はあるの?

FXトレードは為替相場の動きを読み、トレードした通貨が

高くなるか安くなるかを予想して当たれば儲かりますし、

ハズレれば当然損をしてしまいます。

 

FXトレードをしている方は、当然、自分の資産を増やそうと

いろんな方法で為替相場を予想しているわけですが、

どうしても損をすること=負けることがあります。

 

FXトレードをする中で重要なことの一つとして、

ロスカットという決断をしなければなりません。

 

ロスカットとは、所謂、損切りのことで、

自分の持っているポジション(建玉)が

マイナスの状態で決済することを指します。

 

マイナスの状態で決済するわけですから、

当然、資産は目減りすることになります。

 

しかし、ロスカットの重要性は、皆さんもよくご存知の通り、

あなたの大切な資産を守るという重要な行為となります。

 

このロスカットの方法はトレード手法ごとに異なりますし、

むやみにロスカットばかりしていても、

ロスカット貧乏という言葉通り、資産を減らすだけです。

 

FXトレードで負けて消えていってしまう人たちは、

必ずといっていいほど、負け方=ロスカットが

上手く出来ない人がほとんどです。

 

ですから、ロスカットが上手く出来ることが、

FXトレードの世界で稼いで、生き残れる人と言っても

過言ではありません。

 

私自身も2度の退場経験がありますが、

2度ともロスカットが出来ずに、

いつか値が戻ってくるだろうという期待で、

更に損が膨れ上がって退場となりました。

 

その時のことを思い出すと、ポジションが大きく、

資金管理的に無理なトレードをしていました。

 

初心者の方のために、どれくらいのロットで

トレードすれば良いのか一例を紹介します。

 

例えば、資金500,000円の場合、

負けた場合の損失額を2%で算出すると、

10,000円の損失まで許容するとします。

 

トレードするにあたり、トレードの起点となるポイントから

マイナス50pipsにロスカットのラインを置くとしたら、

20,000通貨でトレードすれば、マイナス50pipsに達したところで

丁度、10,000円の損失になります。

 

また、トレードの起点となるポイントから

マイナス100pipsにロスカットのラインを置くとしたら、

10,000通貨でトレードすれば、マイナス100pipsに達したところで

丁度、10,000円の損失になります。

 

このように、まず総資金から損失額を設定して、

ロスカットのポイントを置くマイナス○○pipsから

ポジションの大きさを決めることが出来ます。

 

特に初心者の方には、この方法をオススメしています。

やはり負けた時(損失)のことを前提に考えることで、

トレードに対する恐怖心が少しは薄れると思います。

 

まあ負けても10,000円かぁ~、残り49万円あるんだ!と

いつでも取り返せるぞ!と思える精神的余裕が大事です。

 

FXトレードは勝つこともあれば、負けることもあるという

大前提を理解しないで、勝つことばかり考えていると

負けることが怖くなり、うまく行かなくなります。

 

FXトレードで損失を出した時には、

自分のトレードがしっかりと出来ていたかを振り返り、

その状況で負けたなら仕方ないと考え、

次回のチャンスに備えられることが

上手な負け方だと思います。