トレードで勝つのも負けるのも全て自己責任

本日はちょっと耳の痛いお話をします。

仕事でもFXトレードでもそうですが、自分がうまくいかなかったことを何かのせいにする人っていますよね。

環境のせいでとか、誰かのせいでとか、失敗したことを何かのせいにすることって、何か意味があるのでしょうか。

よくある話しですが、あるFXトレードの情報商材を購入して、実際にやってみたら全然儲けることができなかったことってありますよね。

実際に私も同じことを経験したことがあります。

というか、それはごく自然のことで、100%勝てるトレード手法などは存在しませんし、期待して購入した商材が、1回目のトレードで大きな損失を出すことは、タイミングよっては高確率で発生する可能性すら有り得ます。

しかし、同じ商材を使ったトレードでも、為替の知識がある人や、そのトレード手法を熟知している人にとっては、ごく当たり前の出来事で、如何に損失を最小限にする術を知っているのです。

そんな人たちは、絶対に商材のせいになんかしませんし、商材のせいにしても意味の無いことと認識しています。

逆に初心者は、トレード自体を理解もせず、この商材に騙されたかのような被害妄想的な勘違いをしがちです。

トレード手法の商材は如何に勝ちやすい状況判断をするためのツールであって、必ず儲けられるツールではないことを理解しなければなりません。

正直なところ、トレードでは勝率が10%でも利益を出すことだって可能なわけです。

1回勝ち10000円利益、9回負け9000円損失(勝率10%)

勿論、勝率が高い方が精神的に楽なわけですけど、コツコツ勝って、ドカンと負けるをやってはいけないんです。

その原因が自分のトレードの甘さにあることを認識しなければ、どんなに良いトレード手法を見つけたとしても絶対に儲けなんて出せません。

情報商材の中には、これは酷いなと思うものも確かに存在します。

私が見た中で一番酷かったのは、ロスカットは絶対してはいけないというトレード手法でした。

ロスカットしなければ負けにならないから勝率100%ですというような内容でした。

主要通貨は破綻する可能性は極めて低いから大丈夫です、くらいなことが記載されているのです。

これはもうトレードと呼べる代物ではないレベルです。

そのようなモノを掴まされたのなら同情の余地はありますが、それを信じてトレードするようでは自己責任としか思えません。

トレードでは勝つこともあれば負けることもあるという基本的なことを理解してください。

トレードで負けたことを何かのせいにするようなことは、自分の成長の妨げになります。

厳しいことを言うようですが、情報商材を買っただけで稼げるようになると勘違いしているような人は、一生稼ぐことが出来ませんので、早めにお辞めになったほうが良いと思います。

まずは為替の知識を付け、トレード手法を研究して、トレードルールを守る強い精神力で、成功者になっていただきたいと思います。